差別と偏見が助長する愚かさ…深緑野分の新作に現代の日本を見る

読書

2018/10/28 11:30

 文芸評論家・末國善己氏が選んだ“今週の一冊”は『ベルリンは晴れているか』(深緑野分、筑摩書房 1900円)。ナチス・ドイツの支配から解かれたベルリン。両親を亡くすも生き延びたドイツ人の少女が、恩人の死を解決する旅に出る――。

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2019」候補作紹介】『ベルリンは晴れているか』――戦後・戦中のドイツを追体験できる歴史ミステリー

    【「本屋大賞2019」候補作紹介】『ベルリンは晴れているか』――戦後・戦中のドイツを追体験できる歴史ミステリー

    BOOKSTAND

    4/4

    パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人

    パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人

    週刊朝日

    8/27

  • ヒトラーに抵抗した人々

    ヒトラーに抵抗した人々

    週刊朝日

    1/28

    ドイツと日本「過去との向き合い方」その違いは

    ドイツと日本「過去との向き合い方」その違いは

    AERA

    8/22

  • 叔母はナチスに殺された 一人の画家の人生を通じて描く激動の時代

    叔母はナチスに殺された 一人の画家の人生を通じて描く激動の時代

    AERA

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す