日本の研究は瀕死状態か 前川喜平が「30年先には…」と危惧

前川喜平の”針路”相談室

前川喜平

2018/10/25 11:30

 文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は国の予算削減で大学が研究費を確保できない現状に、日本の研究力低下を危惧する読者からの相談です。

あわせて読みたい

  • 大学教員の世界にも世代間格差が!

    大学教員の世界にも世代間格差が!

    AERA

    12/16

    受賞分野に予算を集中させない

    受賞分野に予算を集中させない

    AERA

    10/12

  • 安倍政権“横暴改革”で大学崩壊 人件費削減、研究者は非正規雇用に

    安倍政権“横暴改革”で大学崩壊 人件費削減、研究者は非正規雇用に

    週刊朝日

    11/6

    科研費ランキングから読み解く 医学研究に「強い」大学

    科研費ランキングから読み解く 医学研究に「強い」大学

    dot.

    2/3

  • 科学の困ったウラ事情

    科学の困ったウラ事情

    週刊朝日

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す