日本初の女性報道写真家が104歳でも“学び直し”するワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本初の女性報道写真家が104歳でも“学び直し”するワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#シニア

笹本恒子(ささもと・つねこ)さん/フォトジャーナリスト。1914年生まれ。日本写真家協会名誉会員。40年に財団法人写真協会に入社し、日本初の女性報道写真家に。2014年、ベストドレッサー賞特別賞を受賞(撮影/片山菜緒子)

笹本恒子(ささもと・つねこ)さん/フォトジャーナリスト。1914年生まれ。日本写真家協会名誉会員。40年に財団法人写真協会に入社し、日本初の女性報道写真家に。2014年、ベストドレッサー賞特別賞を受賞(撮影/片山菜緒子)

永平寺・托鉢に出かける雲水 (c)笹本恒子

永平寺・托鉢に出かける雲水 (c)笹本恒子

三井三池闘争 (c)笹本恒子

三井三池闘争 (c)笹本恒子

 9月下旬、横浜市内のホテルで笹本恒子さんのお誕生会が開かれた。お祝いに駆け付けた90代前半の女性に104歳の笹本さんはこう声をかけた。

【写真】笹本恒子さんの作品はこちら

「あなた、お若いんだもの。がんばってね」

 一同から歓声が上がる。つかみはOK! 一瞬で場を明るく華やかにする。それが笹本さんの人間力だ。

「もう100と3歳生きてきたでしょう。自然に図々しくもなるのよね」

 えっ、こんなところで1歳サバ読みます?

「あ、100と四つか。ま、細かいことは気にせずに。顔写真ね、なるべく美人に撮ってくださいね(笑)」

 笹本さんは日本初の女性報道写真家として知られている。戦後はフリーのフォトジャーナリストとして多くの社会事件や著名人の撮影をしてきた人だ。が、40代後半から一時写真の世界からは遠ざかってしまった。

「家計を支えるために、致し方なかったのです」

 オーダー服のサロンを経営したり、フラワーデザインを教えたり。紆余曲折を経て写真の世界に戻ってきたのは昭和60(1985)年。71歳の時のことだ。

「その前年に夫ががんで旅立ちました。お葬式を終えて精も根も尽きてしまっていたのですが、写真展を開催する話が来たのです。そこでもう一度、写真の世界で自分を奮い立たせようと」

 同年代の人たちの多くがリタイアしている年齢での再出発。だが、そこに迷いはなかった。

「『自分は、どう生きたい』。それが明確になった時点で、年齢なんて関係なくなるのではないかしら」

 平成2(90)年からは明治生まれの女性のポートレート撮影を開始した。作家の宇野千代さん、女優引退後もエッセイストとして活躍した沢村貞子さんほか、計98人の女性たちを笹本さんが撮影。明治・大正・昭和・平成と四つの時代を生き抜いてきた女性たちの「いま」が見事に切り取られた写真は写真家・笹本恒子の存在感を再び世に知らしめるのに十分だった。

 そして92歳の時はパリ大学で「日本の昭和史」について講演。100歳の時はベストドレッサー賞特別賞を受賞。現在はエッセーの執筆、と笹本さんの快進撃は続いている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい