安室奈美恵の恩師が明かす無口な少女時代「学校に行かず、怒られても…」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安室奈美恵の恩師が明かす無口な少女時代「学校に行かず、怒られても…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
北海道から駆け付けたファンたち。体にアムロのグッズを巻き付けていた。
那覇市役所前にて(撮影/上田耕司)

北海道から駆け付けたファンたち。体にアムロのグッズを巻き付けていた。 那覇市役所前にて(撮影/上田耕司)

 沖縄出身のスーパースター・安室奈美恵が予告どおり、9月16日に引退する。その前日には、沖縄県宜野湾市でファイナルライブが開かれ、一目でも見たいと地元は大フィーバーとなっている。本誌は沖縄で安室を育てた恩師らを取材。秘蔵写真を追いながら、伝説が生まれた原点を探った。

【安室奈美恵の沖縄時代の秘蔵写真はこちら】

 31年前の1987年秋──。

 安室奈美恵が小学5年生のとき、発掘したのは、沖縄アクターズスクール校長のマキノ正幸氏(77)だ。アクターズスクールからは安室をはじめ、MAX、SPEED、DA PUMP、三浦大知、知念里奈らのスターが輩出した。

 マキノ氏の沖縄市内の自宅兼事務所を訪ねると、こう話した。

「私は奈美恵でぜんぜん儲けてないんですよ。他のスターたちも、うちから巣立っていっただけ。私は学校をつくって約6億円の借金ができ、それを返済して1億円ぐらい残ったので、今の事務所を細々と続けているだけですよ」

 安室との出会いの日は今も忘れられないという。

「うちの主催で生徒を募集するオーディションの第1回を開催したとき、奈美恵は自分が出場するのではなく、友達の付き添いでやってきました。私のそばを通って、事務所の1階から3階まで、何回も上り下りしていたので目につきました」

 マキノ氏は安室の姿が見当たらないのに気づき、もう帰ってしまったのかと、慌てて外へ出てみると、30メートルほど先のバス停に彼女がいるのを見つけた。

「うちの学校へ入りたいの?」と聞くと、安室がうなずいた。「じゃ、明日、お母さんといらっしゃい」と伝えた。

 このとき、マキノ氏が声をかけなければ、日本中が安室奈美恵伝説に熱中することもなかった。

 当時、安室は10歳。マキノ氏はまだ彼女の歌声や踊りを見たわけではなかったが、直感的にこれはめったにいない逸材だと直感したという。

「顔が小さく、首が長く、階段を上り下りする体の動きがとてもしなやかだった。彼女はクオーターで、体のバランスがよかったんですね。あと本人と話したら、小学校のときに空手をやっていて、初段級の腕前だというのです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい