メタボが耳の「聞こえ」に悪い!? 専門医が教える「耳にいい」6つの習慣

ヘルス

2018/09/13 07:00

 加齢によって聞こえが低下してしまうと完全には治ることはありません。そのため、日頃から予防を心がけることが大切です。聞こえを悪化させない生活習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。週刊朝日ムック『「よく聞こえない」ときの耳の本』では、山口大学大学院耳鼻咽喉科学准教授の菅原一真医師に、耳にいい生活習慣を聞きました。

あわせて読みたい

  • ストレスと関連が深い難聴 予防するにはメタボ・睡眠不足の解消がカギ?

    ストレスと関連が深い難聴 予防するにはメタボ・睡眠不足の解消がカギ?

    dot.

    1/4

    「難聴」は井戸端会議とメタボ対策で予防

    「難聴」は井戸端会議とメタボ対策で予防

    週刊朝日

    5/18

  • 大声で話すようになったら要注意? 自分の声も聞こえにくくなる難聴

    大声で話すようになったら要注意? 自分の声も聞こえにくくなる難聴

    dot.

    9/5

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    週刊朝日

    4/1

  • 難聴の放置で「脳が劣化」する恐れも…「困ってなければ大丈夫」という誤解

    難聴の放置で「脳が劣化」する恐れも…「困ってなければ大丈夫」という誤解

    dot.

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す