がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

2018/08/14 07:00

 近赤外光を利用してがん細胞だけをピンポイントで破壊する新たな治療法の開発が進んでいる。米国立保健研究所(NIH)主任研究員の小林久隆医師が考案した「光免疫療法」という方法だ。2018年3月から国立がん研究センター東病院で、頭頸部がんに対して臨床試験が始まっている。好評発売中の週刊朝日ムック「がんで困ったときに開く本2019」では、今後期待の最新治療として「光免疫療法」を取り上げ、同院副院長の土井俊彦医師を取材している。

あわせて読みたい

  • がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    AERA

    3/6

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    AERA

    2/10

  • がんに光を当てて破壊する「光免疫療法」治療開始 開発医師が語る苦闘の34年間

    がんに光を当てて破壊する「光免疫療法」治療開始 開発医師が語る苦闘の34年間

    dot.

    5/6

    楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

    dot.

    5/6

  • 本庶佑氏と小野薬品・苦難の37年 専門医にあきれられ…「オプジーボ」開発秘話

    本庶佑氏と小野薬品・苦難の37年 専門医にあきれられ…「オプジーボ」開発秘話

    AERA

    12/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す