20歳年下のイケメン夫を16歳年下の愛人と“殺害”?結婚5回の45歳魔性の女の素顔 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20歳年下のイケメン夫を16歳年下の愛人と“殺害”?結婚5回の45歳魔性の女の素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日

被害者と容疑者らの関係(編集部作成)

被害者と容疑者らの関係(編集部作成)

殺害された横山麗輝さん=フェイスブックから

殺害された横山麗輝さん=フェイスブックから

 三重県鈴鹿市で横山麗輝(よしき)さん(25)が5月13日、首を絞められ、殺害された事件で逮捕されたのは、20歳年上の妻とその愛人だった。

【写真】殺害された横山麗輝さん

 三重県警が24日、死体遺棄の疑い逮捕したのは、横山さんの妻で飲食店経営、富士子容疑者(45)と交際相手の会社員、上山真生容疑者(29)。

 富士子容疑者と殺害された麗輝さんは20歳の年の差があった。麗輝さんの遺体は、5月13日朝6時頃、富士子容疑者の息子が発見した。

 麗輝さんと息子はなんと中学時代の同級生。富士子容疑者の元夫との間に生まれた。

 富士子容疑者を知る知人はこう話す。

「富士子容疑者は20歳そこそこで最初の結婚をしたが、その後、子供を何人かもうけては離婚。麗輝さんが5人目の夫だった。確か結婚したのは、4、5年前で息子の同級生で顔見知りだった麗輝さんに富士子容疑者が接近して結婚した。当時20歳ぐらいだった麗輝さんと離婚歴4回という富士子容疑者の結婚は周囲の反対があった。新婚当初はイケメンの夫にスナック経営で年齢より若く見える富士子容疑者はお似合いのカップルでした。富士子容疑者が建設現場で働く麗輝さんにお弁当を作って持たせ、休日には2人で買い物に行くなど、ラブラブって感じに見えました。しかし、年の差が20歳は大きく、すれ違いが多かった」

 富士子容疑者は当初、自身が経営しているスナックから「午前5時くらいに、夫の麗輝さんは車に乗って自宅に帰った」と警察に説明していた。

 だが、付近の防犯カメラを調べると、麗輝さんの車を運転していたのは、上山容疑者で横山家方面に車を走らせていたという。

「富士子容疑者は、今年に入って、『麗輝さんと離婚したいが別れてくれない』と経営しているスナックの客や知人に相談していたという情報が入った。その後、上山容疑者が現在の交際相手であることも判明。2人を内偵していた」(捜査関係者)

 現在の愛人の上山容疑者とも16歳もの年の差だ。スナックの客だったという。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい