笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”

知新音故

小倉エージ

2018/07/20 16:00

 シンガー・ソングライターの笹倉慎介が新たに結成したOLD DAYS TAILOR(オールド・デイズ・テーラー)のファースト・アルバムが心地いい。1970年代のシンガー・ソングライターや日本語のロックをルーツにした、ナチュラルでアコースティックなサウンド。笹倉の弾き語りに寄り添う演奏が、懐かしさや爽快感を醸し出している。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す