前文科省局長が頼った「臼井枠」 裏口入学キーマンは東医大前理事長 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前文科省局長が頼った「臼井枠」 裏口入学キーマンは東医大前理事長

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日

事件で揺れる東京医科大学 (c)朝日新聞社

事件で揺れる東京医科大学 (c)朝日新聞社

「やっぱりあのおっちゃんか。『臼井枠』っていうのが前からあるからな……」

 東京医科大学(以下、東医)の関係者は、東医が絡んだ文部科学省の汚職事件の報道に深くうなずいた。「おっちゃん」とは、7月6日付で辞任した臼井正彦前理事長(77)のこと。大学入試の点数を操作できるのは臼井氏しかいないと、同大学の「100人中100人」が感づいていたようだ。

 文科省の大学支援事業をめぐり、東医に便宜を図る見返りに息子を合格させてもらったとして4日、受託収賄の疑いで前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者が逮捕された。佐野容疑者に便宜を依頼したとされているのが臼井氏だ。つまり、佐野容疑者の息子は「臼井枠」として入試合格の印を押されていたようなのだ。ちなみに、佐野容疑者は、元文部相・小杉隆氏の娘婿とも報じられている。

 公明正大であるべき大学入試で、そんな不正が可能なのだろうか。

 同大に限らず私立大学医学部入試で、コネが通用するとすれば、2次の面接試験だという。一般に、1次の筆記試験は実力でパスすることがマストだという。

「2次で口利きをし、ゲタを履かせるという話は、ある程度聞く話ではある。ただその中でも、東医は……。私大医学部の中でも相当お金持ちのイメージですから」(元私大医学部付職員)

 2次の面接官は、ほとんどの大学で教授レベル。ただ、その年によって面接官も代わるし、受験者全員が同じ面接官かは大学にもよるのだが、「入試で2次試験の面接の受験生リストを臼井さんが眺めると聞いたことがある」と前出の東医の関係者が明かす。さらに、

「学生でも外部から来る研究者でも『臼井枠』で入ってくる人はちょっとできが悪かったりして受け入れる側が困ることがしばしば」と苦笑いを浮かべる。

 臼井氏は、大学病院の院長や名誉教授、大学学長を歴任し、理事長に就いた。人柄は、人情味のあるタイプだという。

「静岡出身で、昔からいる懐の深い親分肌のいい人。お酒も好きで、女も好きだしね。でも脇が甘いところがある」(大学関係者)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい