1千万円つぎ込んだ例も…「幸せビジネス」依存度を診断! (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1千万円つぎ込んだ例も…「幸せビジネス」依存度を診断!

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日

お金持ちになれることをうたい文句にしたセミナーのイメージ。全国でいろいろなセミナーが毎日のように開かれている

お金持ちになれることをうたい文句にしたセミナーのイメージ。全国でいろいろなセミナーが毎日のように開かれている

チェックポイント(週刊朝日 7月13日号より)

チェックポイント(週刊朝日 7月13日号より)

「あなたの運勢は上昇します」。占いでこんな結果が出るとうれしいですね。ちまたには人々の心に働きかける「幸せビジネス」があふれています。占いや霊視、スピリチュアルカウンセリングや開運セミナーまでさまざま。信じる人が元気になる分にはいいのですが、ハマりすぎには要注意です。

【あなたの「幸せビジネス」依存度は?チェックポイントはこちら】

「あなたが結婚できないのは、額に『独身サイコー!』と言っているお坊さんがいるから」

 ライターのさくら真理子さん(37)は、占師にこんなことを言われたことがある。

「その人に額から追い出してと頼んだら、『追い出すのは別料金になります』と言われました。ずっこけましたよ。いったいいくらかかるんだと」

 それでも占いをやめることはなかった。別の占師に勧められるまま、男性をデートに誘ったが、断られたこともある。「テレビを見るな」と言われたときは、6年間も見ないようにした。

 料金は1回あたり数千円から、高いものだと1時間8万円のものもあった。

 3日間で30万円というセミナーにも参加した。

「登壇者が手をかざすと、200人ほどいた参加者の2、3割がバタバタと倒れました。今思えば、あれは『さくら』だったのかも」

 これまで占いにつぎ込んだお金は1千万円にもなる。たとえ当たらなくても、もっとすごい占師がいるのかもしれないと探し続けた。

 どうしてそこまでハマるのか。友人でも家族でもない他人の目線で、自分をもっと知りたかったと、さくらさんは言う。

「探究心ですよ。占いに行くのは」

「自分なんて才能ない」と感じているときに、「努力はいつか報われます」などと言われると、その言葉が力になったと振り返る。

 今も占いは続けている。占い体験を『気になるスピリチュアルカウンセラー 全部かかってみました!』(すばる舎)という本にまとめた。

「占いにハマったおかげで本が出せたから、自分的には結果オーライです(笑)」

 1千万円もの金額は特異事例かもしれないが、幸せビジネスにのめり込む人は珍しくない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい