シンガポールの緊迫を実感? 春風亭一之輔が見た「米朝」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シンガポールの緊迫を実感? 春風亭一之輔が見た「米朝」

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

落語家にとって『米朝』といえば…(※写真はイメージ)

落語家にとって『米朝』といえば…(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「米朝」。

*  *  *
 落語家、いや演芸好きにとって、『米朝』と聞けば、まず脳内に浮かぶのは『桂米朝』師匠なのである。言わずと知れた「上方落語・中興の祖」。『米朝会談』『米朝対立』とあれば、当然「え? 米朝師匠が誰と?」となり、『米朝膠着状態』とあれば、「師匠、大丈夫ですか!?」とこちらもドキドキし、『米朝緊張ほぐれる』とあれば、「師匠、なによりです!」と胸を撫で下ろす。アメリカとか北朝鮮の前に、まず尼崎・武庫之荘(師匠の地元)。

 私が米朝師匠にお会いしたのはたった一度だけだ。入門して1年経ったころ、先輩から国立名人会の前座の代わりを頼まれた。国立名人会の楽屋で働く前座はレギュラー制だが、その先輩は自分の師匠の用事で行けなくなったらしい。「米朝師匠がトリだから!」。私はちゃんと聞いていなかった。「○朝」という名前は落語家にけっこう多いので、頻繁に会う東京の○朝師匠だと思い込んでいた。当日、楽屋の木札を見て「米」。思わず絶句。一緒に務めるA兄さんはピリピリしている。前日急に代わりを頼まれたらしい。

「お前、米朝師匠に会ったこと……」「……ないです。兄さんは?」「ないよ……どうしよう」

 ペーペー二人が、上方の超重鎮のお世話をするという重圧。前座の楽屋での仕事は「お茶を出す・着替えの手伝い・出囃子の太鼓を叩く・着物を畳む」などなど。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加