西武・今井投手に東尾修「想像以上だね」 高評価の理由は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西武・今井投手に東尾修「想像以上だね」 高評価の理由は?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

両親にウィニングボールをプレゼントした西武今井(c)朝日新聞社

両親にウィニングボールをプレゼントした西武今井(c)朝日新聞社

 渡辺久信(現西武SD)も細かった体の線を、投げる中で太くしていった。この柔軟性があれば、若いうちから故障で苦しむ可能性も低いだろう。投球の中で失敗も糧にして課題をクリアしていけば、息の長いエースになれる素材だ。

 新戦力という意味では、2軍で本塁打を量産している日本ハムの清宮幸太郎も再び1軍に昇格する時が来るだろう。どの球種に対しても、自分のタイミングで強くスイングすることができるかどうか。最初に1軍にいた時は、どうしても当てに行くような形が見られたが、それでは魅力は半減するし、投手からすれば怖さはなくなる。怖さがなければ失投も減るという、投手有利の循環に入る。いかに自分の間合いに引き込めるか。レベルが上がった投手でも、2軍の時と同じアプローチができれば、必ず結果が出るだけの技術はあると思っている。

週刊朝日 2018年6月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい