怪死直前に別れ話も 紀州のドン・ファンが本誌に語っていた“秘密” (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

怪死直前に別れ話も 紀州のドン・ファンが本誌に語っていた“秘密”

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,今西憲之週刊朝日

野崎幸助氏と愛犬イブ

野崎幸助氏と愛犬イブ

 野崎氏は7人きょうだいで、実家は酒屋。両親と仲が悪かったという。

「実家の酒屋に対抗して自分も酒の卸業をやっていた。母親から相続した遺産を元手に金貸し業を始めたのが当たった。昔だから法律も甘く、年利36%とか取れた。東京に進出し、街頭で当時は珍しいフリーダイヤルの番号が書かれたティッシュを配っていた。社長は歌手の仁支川峰子(当時・西川峰子)と親しいと吹聴し、写真入りのものを配っていた。すると、またたく間に多重債務者が次々と借りに来たそうです」(同)

 仁支川氏の事務所はこう答えた。

「本人に聞いたら、『30年ほど前に、野崎さんから頼まれて、ショーをしただけの関係。それ以降、お金をいただいたこともなく、個人的に誘われたことも一回もないわ』と言ってました」

 本誌が最後に野崎氏に会ったのはちょうど1年前。2度の脳梗塞を起こし、足腰が弱り、よちよち歩きだった。

「実は身体障害者になったんや。だが、若い娘と金儲けに興味がなくなったら、わしは終わりや」

 それが最後の言葉だった。

 謎に満ちた死のミステリーが解ける日は来るのか。(本誌・上田耕司/今西憲之)

週刊朝日 2018年6月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加