怪死直前に別れ話も 紀州のドン・ファンが本誌に語っていた“秘密”

2018/06/13 07:00

「紀州のドン・ファン」こと実業家の野崎幸助氏(77)が急性覚醒剤中毒で怪死した事件は、ミステリー小説さながらの展開となっている。家宅捜索を受けた55歳年下の美人妻は無実を訴え、和歌山県警は野崎氏の愛犬の死骸まで押収。デヴィ夫人も参戦し、“1億総探偵”状態だ。

あわせて読みたい

  • 金庫は空だった…紀州のドン・ファン事件、当局が追う3人の女

    金庫は空だった…紀州のドン・ファン事件、当局が追う3人の女

    週刊朝日

    7/4

    紀州のドン・ファン変死事件「5つの謎」を検証

    紀州のドン・ファン変死事件「5つの謎」を検証

    週刊朝日

    6/20

  • 紀州のドン・ファン怪死「野崎社長はボン・キュッ・ボンが好み」 注目される芸能界との関係 

    紀州のドン・ファン怪死「野崎社長はボン・キュッ・ボンが好み」 注目される芸能界との関係 

    週刊朝日

    6/11

    紀州のドン・ファンは死の直前、ミスコン優勝の新しい彼女を自慢 妻が語らなかった結婚の条件とは?

    紀州のドン・ファンは死の直前、ミスコン優勝の新しい彼女を自慢 妻が語らなかった結婚の条件とは?

    週刊朝日

    6/16

  • テレビで告白した紀州のドン・ファンの妻が会話ググり、野崎氏「あの女はあかん」と漏らす

    テレビで告白した紀州のドン・ファンの妻が会話ググり、野崎氏「あの女はあかん」と漏らす

    週刊朝日

    6/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す