「赤ちゃんがいるんですー」新幹線内は阿鼻叫喚 通報者が語る10メートル先の“血の惨劇” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「赤ちゃんがいるんですー」新幹線内は阿鼻叫喚 通報者が語る10メートル先の“血の惨劇”

このエントリーをはてなブックマークに追加
中川透週刊朝日
新幹線が緊急停車したJR小田原駅は騒然とした(提供・稲本義彦氏)

新幹線が緊急停車したJR小田原駅は騒然とした(提供・稲本義彦氏)

血の海となった新幹線の通路(提供・稲本義彦氏)

血の海となった新幹線の通路(提供・稲本義彦氏)

 稲本さんは「落ち着け、落ち着け」と自らに言い聞かせつつ、デッキに逃げ込んだ。携帯を取り出し、午後9時47分に110番通報したという。乗客は、現場から離れた車両に一斉に避難。通報を受けた乗務員がやってくると、シートの座面を外し、「いざというときはこれを盾代わりにして下さい」と説明した。

 乗務員の1人が小型のキャリーケースを盾代わりにして、12号車にいる容疑者へ近づいていく姿がみえた。稲本さんが後方からのぞくと、何か声をかけて説得している様子だった。

 容疑者は乗務員を一瞥したが、声かけには応じない。通路に仰向けに倒れた被害者の上に馬乗りになり、胸のあたりへと刃物を振り下ろし、めった切りにしていた。青い座席に挟まれた通路は血まみれで、被害者の男性はぐったりとした状態で動かない。小田原駅に緊急停車すると、ブルーシートに囲われてたんかで運ばれた。

「パニック状態となった車内で、容疑者は延々と無言で切りつけており、異様な光景でした。乗客がおろされた小田原駅のホームは、震えが止まらなかったり、泣いたりしている女性がたくさんいました。車内は阿鼻叫喚となり、私もしばらく膝の震えが止まりませんでした」

(本誌・中川透)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい