プロポーズは「一緒にスモウ」 元横綱・武蔵丸の妻とは (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロポーズは「一緒にスモウ」 元横綱・武蔵丸の妻とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#男と女

武蔵川光偉(むさしがわ・みつひで・親方名)(左)/本名は武蔵丸光洋(むさしまる・こうよう)。旧名フィアマル・ペニタニ。アメリカ・ハワイ州オアフ島出身。1971年5月生まれ。89年に来日、同年9月に初土俵。新入幕は91年11月場所。96年、大関時代に日本国籍を取得。99年5月場所後に第67代横綱に昇進。2003年11月場所8日目に引退。幕内優勝回数12回。引退後は藤島部屋の部屋付親方となるが、13年4月に武蔵川部屋を再興し、師匠となる。武蔵丸雅美(むさしまる・まさみ)(右)/東京都品川区出身。1973年5月生まれ。都内の短期大学を卒業後、日本でフラダンスを習い、その後にハワイで学ぶ。98年、姉と親友とでフラダンススクール「カ・マヌ・フラ・レア」を主宰。2001 年、フラの国際的な大会「キングカメハメハ フラコンペティション」日本大会ワヒネ部門優勝。02年、同ハワイ大会で日本人グループ初の準優勝をする。08年4月に夫と結婚。14年6月、長男誕生。(撮影/写真部・大野洋介)

武蔵川光偉(むさしがわ・みつひで・親方名)(左)/本名は武蔵丸光洋(むさしまる・こうよう)。旧名フィアマル・ペニタニ。アメリカ・ハワイ州オアフ島出身。1971年5月生まれ。89年に来日、同年9月に初土俵。新入幕は91年11月場所。96年、大関時代に日本国籍を取得。99年5月場所後に第67代横綱に昇進。2003年11月場所8日目に引退。幕内優勝回数12回。引退後は藤島部屋の部屋付親方となるが、13年4月に武蔵川部屋を再興し、師匠となる。
武蔵丸雅美(むさしまる・まさみ)(右)/東京都品川区出身。1973年5月生まれ。都内の短期大学を卒業後、日本でフラダンスを習い、その後にハワイで学ぶ。98年、姉と親友とでフラダンススクール「カ・マヌ・フラ・レア」を主宰。2001 年、フラの国際的な大会「キングカメハメハ フラコンペティション」日本大会ワヒネ部門優勝。02年、同ハワイ大会で日本人グループ初の準優勝をする。08年4月に夫と結婚。14年6月、長男誕生。(撮影/写真部・大野洋介)

 第67代横綱武蔵丸だった夫・武蔵川光偉さんと、フラダンス界の“横綱級”ダンサーだった妻・武蔵丸雅美さん。夫婦は5年前、名門・武蔵川部屋を再興した。現在は相撲部屋の師匠・おかみとして19人の弟子を預かり、厳しい勝負の世界で泣き笑いのにぎやかな日々を送る。今年で結婚10周年。陽気なハワイアン夫婦の愛情物語とは──。

*  *  *
妻:出会いは、親方が現役の横綱時代。私は姉と親友とフラダンススクールを主宰していて、元大関でタレントのKONISHIKIさんのイベントなどで、バックダンサーもやっていたんです。

夫:いや、横綱になる前から知ってたよ。雅美、確かその辺にいたよ(笑)。

妻:眼中になかったのね(笑)。雲の上の人だったから最初は話したことはなかった。でも、ハワイが共通点で、親方も音楽や踊りが好き。いつしか横浜にあるフラのスタジオに練習を見に来るようになり、姉たちともすぐに意気投合して。気分転換に来てたのね。

夫:手首のケガで休場し、横浜の病院でリハビリしてて、近くにあったからな。

妻:私のほうから好きになったのかな。とにかく面白いんです。黙っていると近づきがたい雰囲気なんだけど、笑いのツボが一緒だったんです。

夫:それだけでほれたのか? 程度低いねぇ(笑)。

妻:いや、顔もですね、顔も(笑)。特に進展もなかったけど、私に対する気持ちが変わったかなと思えるのは、2001年のフラの大きな大会を見に来てくれた時。それまで教える私しか知らなかったから、頑張って踊っている姿を見てびっくりしたみたい。これで見直してくれたのかな。

夫:「お前たちが優勝しないとおかしいよ」というくらい見事な踊りだった。その時、優勝したんだよな。

妻:あなたは横綱だからいろいろと忙しかったし、私も30歳近くで、そう若くはなかった。「会いたい、会いたい」という思いが先行せず、求めないで待っていたのがよかったのかなぁ。

夫:とにかく俺は相撲が一番だった。「武蔵丸は女に興味ないのか」と言われるくらいだったから(笑)。

妻:私もフラをやって充実していて、「彼にいいもの見せてあげたいな」と思うようになっていきました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい