認知症の予防にも有効!? 免疫力と自然治癒力の力 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症の予防にも有効!? 免疫力と自然治癒力の力

連載「「健脳」養生法――死ぬまでボケない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ヘルス

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

認知症を予防するためにはどうすればいいのか(※写真はイメージ)

認知症を予防するためにはどうすればいいのか(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「認知症を予防するためには」。

*  *  *
【ポイント】
(1) 認知症は人間まるごとに関わる老化現象である
(2) 認知症の予防や回復にも免疫システムが働く
(3) 免疫力と自然治癒力を高めなければいけない

認知症は老化現象であり、だからこそ、がんと同様にからだだけの病ではなく、こころやいのちにも深くかかわった人間まるごとの病だと書きました。このへんのところをもう少し、具体的に説明したいと思います。そのために、認知症についてのおさらいです。

 認知症には大別して三つの種類があります。

【1】アルツハイマー型認知症
「アミロイドβ」というゴミのようなタンパクが神経細胞の周りに異常に蓄積して老人斑をつくり、その後「タウタンパク」が神経細胞の中に異常に溜まる。いずれの蓄積も最大の原因は老化。

【2】脳血管性認知症
動脈硬化による脳内血流の減少が原因。動脈硬化を助長するものとして、高血圧症や高コレステロール血症が挙げられるが、主因はあくまで老化。

【3】レビー小体型認知症
「αシヌクレイン」というタンパクが神経細胞内に溜まってレビー小体を形成するのが原因。これも老化現象。なおレビー小体が脳幹部のドーパミン神経細胞内に形成されるとパーキンソン病の症状を呈する。

 このように認知症はいずれも原因は老化にあるのです。老いることは生きとし生ける者の宿命ですから、これを無くすわけにはいきません。でも少しでも、進行を遅らせたいものです。

 私はがんの予防については、半世紀余りにわたって取り組み、心を砕いてきました。その結果、得た結論は、まずは免疫力と自然治癒力を高めなければいけないということです。

 免疫力と自然治癒力は別のものです。免疫力はまだしも、自然治癒力の正体は全く解明されていません。私自身は人体の生命場の秩序性を回復させる力が自然治癒力だと思っています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい