江口のりこ 13年ぶりに“嫌いな地元”に帰った心境

2018/03/12 16:00

「中学を卒業してから、地元でバイトしていた3年間に、原付きに乗って、バイト先に向かうとき、かつての同級生が、制服姿で自転車に乗って楽しそうに通学しているのを見ると、私、恥ずかしくなって、ヘルメットで顔を隠して、気づかないふりをしていたんです。そのときは、“私、こういうことがしたいわけじゃないのに”って、後ろめたさがあった。でも、今は、好きなことができているから、毎日が楽しい。その楽しさは、映像でも舞台でも一緒です」

 舞台「そして僕は途方に暮れる」で、江口さんは、8年ぶりに三浦大輔さんの作品に出演する。

「8年前の舞台を楽しめなかった自分がいて、それをずっと根に持っていたから、今回はリベンジです(笑)」

 最近、大きな変化があった。何度も何度も、夢に“最後に住んでいた街”が出てくる。何なんだろう、と気になって、大阪で仕事があったとき、13年ぶりに地元に足を運んだ。

「私が21のときに父が亡くなって、そのあと家を手放したので、13年ぐらい帰ってなかったんです。でも、バスで山奥の家に近づくに連れ、何だか泣きそうな気持ちになって……。バスを降りたら、変わらない故郷がそこにあって、『なんだ私、帰りたかったんや』って思いました。今は、故郷の街が大好きです」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日 2018年3月16日号

1 2

あわせて読みたい

  • 江口のりこ、高校に行かず2万円で上京 3畳間に住み新聞配達から売れっ子へ

    江口のりこ、高校に行かず2万円で上京 3畳間に住み新聞配達から売れっ子へ

    週刊朝日

    3/26

    岩松了「観客はあくまで、自分」 自分が面白いと思うことを貫く、揺るぎないポリシー

    岩松了「観客はあくまで、自分」 自分が面白いと思うことを貫く、揺るぎないポリシー

    AERA

    10/25

  • 息子の誕生で一気にラクに? 皆川猿時の人生観

    息子の誕生で一気にラクに? 皆川猿時の人生観

    週刊朝日

    7/11

    江口のりこ、結婚相手は「俳優は絶対にイヤ」 理想は夢で見た外国人のおじさん?

    江口のりこ、結婚相手は「俳優は絶対にイヤ」 理想は夢で見た外国人のおじさん?

    週刊朝日

    3/26

  • 柄本佑「親父のメールは即削除してます(笑)」

    柄本佑「親父のメールは即削除してます(笑)」

    週刊朝日

    9/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す