「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

シニア

2018/03/05 07:00

 死を直前にした終末期に、延命措置などの医療や介護を「過剰だ」として望まないお年寄りが増えている。「亡くなり方の質」を追求し、穏やかな最期をめざす。その姿に死生観の変化を読み取り、日本の死の「スタンダード」が一変すると予想する声も出始めた。「自然死」が急増する、というのだ。

あわせて読みたい

  • 最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    週刊朝日

    3/5

    延命治療はどうする? 元気なうちに“自分の意思”を表明しよう!

    延命治療はどうする? 元気なうちに“自分の意思”を表明しよう!

    週刊朝日

    12/21

  • 2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    dot.

    3/12

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

  • 生きることをあきらめる人も よりよく「生き抜く」ための10カ条

    生きることをあきらめる人も よりよく「生き抜く」ための10カ条

    週刊朝日

    4/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す