女子初の金メダル!小平奈緒の”F1”滑りの原動力となった解剖学って?清水宏保が解説 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女子初の金メダル!小平奈緒の”F1”滑りの原動力となった解剖学って?清水宏保が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日#平昌五輪
銀メダルを獲得した小平奈緒 (c)朝日新聞社

銀メダルを獲得した小平奈緒 (c)朝日新聞社

 新フォームを体得後、得意種目の500メートルは24連勝中。昨年12月、ソルトレークシティーで開催されたW杯の1000メートルでは世界記録を樹立した。

 30代での躍進を、前出の折山さんはこう見る。

「選手寿命が延びているということもありますが、小平さんは高校卒業後、信州大学に進学して授業も受けながらじっくりスケートに取り組んできました。高卒から実業団に行ってスケート漬けの生活を送ってきたわけではない。身体的に酷使されていないし、精神的な疲弊もありません」

 小平の強さの核心を、前出・清水さんが説明する。

「専属の栄養士を付けていること。運動力学や道具のサポートをする結城匡啓コーチの存在が大きい。さらには、小平さんが解剖学を勉強していることです」

 解剖学? はたしてどんな役に立つのか。

「筋肉のイメージが画像診断のように思いつくので、トレーナーに自ら筋肉の状態を説明し、指示することができる。本当の意味でのインナーマッスルにつながっています」(清水さん)

 解剖学がもたらした見事な金メダルだった。
(本誌・亀井洋志)

週刊朝日 2018年3月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい