平昌五輪女子金メダル一番乗りは逆転Vで高梨沙羅?小平奈緒、鬼塚雅も有力 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平昌五輪女子金メダル一番乗りは逆転Vで高梨沙羅?小平奈緒、鬼塚雅も有力

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#五輪
金メダルが確実視される小平奈緒(撮影/大塚淳史)

金メダルが確実視される小平奈緒(撮影/大塚淳史)

今シーズンはライバルの台頭で、不振と言われる高梨沙羅。ただ、調子は上がってきていて、金メダルも射程圏内か(撮影/大塚淳史)

今シーズンはライバルの台頭で、不振と言われる高梨沙羅。ただ、調子は上がってきていて、金メダルも射程圏内か(撮影/大塚淳史)

それほど注目が集まっているわけではないが、今大会の金メダル有力選手の一人、鬼塚雅(撮影/大塚淳史)

それほど注目が集まっているわけではないが、今大会の金メダル有力選手の一人、鬼塚雅(撮影/大塚淳史)

 科学的な見地から見ても、高梨は問題ないという。スキージャンプを研究している北翔大学の山本敬三教授もこう指摘する。

「高梨選手が不振だと思っていません。世界の女子選手のレベルが上がり、高梨選手の技術力に追いついてきたと見ている。スキージャンプは跳躍動作だけで決まる競技ではなく、飛翔体になれるかどうかが重要。世界に先駆けて、高梨選手はそれをいち早く習得したことでW杯通算53勝も出来た」

 さらに高梨の技術的進歩を次のようにあげた。

「直前のW杯(1月28日)では着地のテレマーク姿勢をしっかり入れられ、飛型点ではトップだった。結果は4位だったが、優勝者との差は僅か5.8ポイントだ(飛距離にして約3メートル)。金メダルの可能性もある。」

 他にもスノーボードの鬼塚雅も金メダルの有力候補だ。折山さんは

「鬼塚はビッグエアとスロープスタイルに出るが、金としたらスロープスタイルではないか。世界選手権でも優勝したことがある」

 と期待を寄せる。

 奇しくも、名前の上がった小平、高木(妹)、高梨、鬼塚の金メダルのかかった競技日が2月12日に集まる。午前10時からスロープスタイル決勝、午後9時半からスキージャンプ、午後9時50分からスピードスケート1500メートルが行われる。

 女子選手の誰が最初に女子の金メダルを取るのか、12日は必見だ。(本誌・大塚淳史)

週刊朝日 2018年2月16日号より加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい