36歳小野真弓が挑戦した限界写真集の衝撃度 中森明夫が解説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

36歳小野真弓が挑戦した限界写真集の衝撃度 中森明夫が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
7年ぶりに写真集を発売した小野真弓

7年ぶりに写真集を発売した小野真弓

結婚について聞かれ「何の気配もない。そういう相手を見つけられたらいいな……と毎年言っております」と答えていた小野

結婚について聞かれ「何の気配もない。そういう相手を見つけられたらいいな……と毎年言っております」と答えていた小野

久しぶりの握手会で、ファンと触れ合い笑顔を見せる小野

久しぶりの握手会で、ファンと触れ合い笑顔を見せる小野

 女優の小野真弓(36)が7年ぶりに写真集『赤い花』を発売し、2月3日、都内で握手会を行った。

 小野といえば、消費者金融「アコム」のCMで大ブレイク。当時20、21歳だった小野が「はじめてのアコム♪」と見せる笑顔に、多くの男性ファンが魅了された。グラビアアイドルとして写真集を定期的に出していたが、2011年の『Switch』を最後に出していなかった。

【小野真弓の大胆ショットはこちら】

 小野は久しぶりの、36歳での写真集となったが、自身でこう解説した。

「良くも悪くもそのままの私なので、すごくお気に入りの部分と、コンプレックスの部分もそのまま写っている。ただ、これが私のリアルだなと。年齢を重ねたことで、プラスなこともありますけど、重力とともに下がるものもありますし、シワもありますし、そういうものを隠さず、そのまま写させてもらいました」

「赤い花」では、過去の写真集にあるような健康的なイメージの写真集ではなく、どちらかというと、セクシーさ、妖艶さが要所で出ている。また、写真集には小野自身が書いた短い文章が何編か書かれ、その内容が性に関することにも触れており、過去のイメージからするとかなり、衝撃的だ。

 例えば、「告白」というタイトルの文章。

 毎日、真面目そうな顔して
 過ごしているけれど
 私だってけっこう
 エロいこととか考えてるよ

 小野は文章について、こう明かす。

「文章を書くのが怖くて、書くのが大変だった。文章を書くと、隠しているものが丸裸でバレる感じがして、写真撮るより、裸見せるより恥ずかしかった。エロいこと考えているもそうですけど。どうしてもにこやかに仕事をして、周りの人と仲良くしようとして、自分の黒い部分に気づかないというか、良い子ぶりっ子じゃないけど、そんな表面的なところで生きててるところもあった」

 さらに心境をこう吐露する。

「文章とか書いて自分の本音ってなんだろうって考えてみて、意外とエロいことも考えているし、それをわざわざ人に言うことはないじゃないですか。それを写真集で、リアルな自分を写してもらうということだったので、リアルにエロいものはエロいし、悪いこと考えているものは悪い」



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい