春風亭一之輔が「…むう…」 プロフィルから削られた過去 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔が「…むう…」 プロフィルから削られた過去

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔のプロフィルに書かれた賞とは?(※写真はイメージ)

春風亭一之輔のプロフィルに書かれた賞とは?(※写真はイメージ)

後輩A「来年はプレッシャーかかりますねぇ~」
私「そう?」
A「だって続けて大賞獲らなきゃ、ちょっと尻すぼみじゃないですか。△△兄さんは一度大賞獲ったら、辞退してましたよ」
私「……早く言えよ。辞退できるのかよ!」

 翌年度、奇跡的に2度目の大賞を頂きました。自慢じゃありません。こっちだって必死。担当者が「誠におめでとうございます! ついては来年度も……」。

私「いやいや(汗)、もうもう」担当者「キリよく3連覇! 3連覇は、今まで□□師匠しかいません。ぜひそれに並んで!」
私「……むう……」

 人間、色気を出すとろくなことがない。翌年度は金賞でした。銀→大賞→大賞→金といういびつな受賞歴に。本当は賞にあたわずなところ、「まぁ仕方なく『金』やっとこか」みたいなかんじ。この『金』についてはいらぬ深読みをしてしまいます。

 さっき私のHPを見たらプロフィルには『金賞』が書かれていません。管理人が『尻すぼみ感』を気にしてあえて記載しなかったのでしょうか? 私としては過去の反省材料として、むしろ書いといてほしいぐらいです。なにが反省って「断るべき時にはちゃんと断る勇気を持つ」ってこと。ちなみに会の担当者は、4年目の続投については聞いてきませんでした。なんだかなぁ。

週刊朝日  2018年2月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい