「SMが好きです」と言ってしまい…伝説を作った歌手が明かす「ザ・ベストテン」裏話 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「SMが好きです」と言ってしまい…伝説を作った歌手が明かす「ザ・ベストテン」裏話

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖田十二,伏見美雪週刊朝日
ミイ/1958年、静岡県生まれ。76年、ピンク・レディーとしてデビュー。解散後はソロで幅広く活躍。2010年、ピンク・レディー再始動。3月1日「未唯mieの日」に、東京・BLUES ALLEY JAPANでソロライブ「未唯mie 60th Birth Celebration」を行う

ミイ/1958年、静岡県生まれ。76年、ピンク・レディーとしてデビュー。解散後はソロで幅広く活躍。2010年、ピンク・レディー再始動。3月1日「未唯mieの日」に、東京・BLUES ALLEY JAPANでソロライブ「未唯mie 60th Birth Celebration」を行う

■原田真二 番組初の2曲同時ランクイン
「本気、本物の歌番組だと感じた」

 ベストテン史上初の2曲同時ランクイン(「キャンディ」と「シャドー・ボクサー」)を果たした原田真二さん。愛らしいルックスでピアノを弾く姿に、女子中高生が大熱狂。黒柳さんがつけた愛称は「ビーバーちゃん」だった。

「当時、19歳ですから、そう呼ばれるのは恥ずかしかった。僕はロックをやりたかったから、テレビの世界の華やかさというのは、あまり快適なものではなかったですね(苦笑)。

 でも、ベストテンは、出演前から『音がしっかりしている番組だ』と聞いていた通り、ほかの音楽番組にはなかったミキシングコンソールやモニターなどの音響機材が揃っていて、スタッフのみなさんが音楽を大事にしている感じがよかったです。また、僕はライブの演出も自分でやっていたので、ベストテンの豪華なセットを見ながら、自分のステージに使えるな、とか、完全にプロデューサー目線で見ていましたね。

 黒柳さんや番組スタッフの人たちとの縁はその後も続いていて、声をかけてもらうこともあって、今でもすごく感謝しています」
 日本の音楽界に衝撃をもたらしたアーティストたちによって、番組は伝説となった。

(取材・文/沖田十二、本誌・伏見美雪)

週刊朝日 2018年2月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい