活況な投資市場 初心者が狙うは新興株の市場変更

企業

2018/02/01 07:00

 年金受給開始75歳論議が浮上するなど、老後資金の自己防衛をこれまで以上に真剣に考えさせられる時代となった。少額で誰もが参戦できる株式投資は、初心者のシニアにとっても有効な選択肢となる。株高が続く、今こそお薦めしたいのは、新興銘柄だ。日本証券新聞社代表取締役社長を12年務め、独立した「株式会社メディアストラ」代表の天野秀夫氏がその理由を明かす。

あわせて読みたい

  • USJ、メルカリ、仮装通貨事業…今年、大注目の新規上場候補は?

    USJ、メルカリ、仮装通貨事業…今年、大注目の新規上場候補は?

    週刊朝日

    2/2

    「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    AERA

    4/3

  • 「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

    AERA

    4/3

    「一風堂」株で老後資金を!? 株未経験者は何を買うべきか

    「一風堂」株で老後資金を!? 株未経験者は何を買うべきか

    週刊朝日

    2/1

  • 「投資の神様」バフェット流投資で買う「儲かる日本株」とは?

    「投資の神様」バフェット流投資で買う「儲かる日本株」とは?

    週刊朝日

    6/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す