哲学を学んで医学に進め 医者に求められる大切なこと

貝原益軒 養生訓

ヘルス

2018/01/26 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

あわせて読みたい

  • 「薬を飲んで、生活は乱暴に」? 帯津良一の“薬を使った養生術”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「薬を飲んで、生活は乱暴に」? 帯津良一の“薬を使った養生術”

    週刊朝日

    9/5

    射精しすぎると短命になる? 貝原益軒が示す年代別の「セックス回数」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    射精しすぎると短命になる? 貝原益軒が示す年代別の「セックス回数」

    週刊朝日

    6/6

  • 「医者が守るべきこと」とは? 才能ない子に医者を継がせない
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「医者が守るべきこと」とは? 才能ない子に医者を継がせない

    週刊朝日

    10/12

    酒場は品性向上の道場 “ほどほど”こそが徳を積む秘訣
    筆者の顔写真

    帯津良一

    酒場は品性向上の道場 “ほどほど”こそが徳を積む秘訣

    週刊朝日

    11/11

  • 40歳を超えたら「しばしば交接すべし」 貝原益軒の粋な計らいとは
    筆者の顔写真

    帯津良一

    40歳を超えたら「しばしば交接すべし」 貝原益軒の粋な計らいとは

    週刊朝日

    4/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す