林真理子、『西郷どん!』印税で“幻の舞台”を応援? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

林真理子、『西郷どん!』印税で“幻の舞台”を応援?

このエントリーをはてなブックマークに追加
林真理子週刊朝日#ドラマ#林真理子
キムラ緑子(きむら・みどりこ)/1961年、兵庫県淡路島生まれ。マキノノゾミ主宰の劇団M.O.P.を経て、舞台、映画、ドラマと幅広く活動。2013年度後期のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での小姑役などで注目を集める。最近の出演作に、映画「関ケ原」、「祈りの幕が下りる時」(1月27日公開)、ドラマ「陸王」、舞台「喜劇 有頂天旅館」「三婆」「にんじん」など。2月1日から上演の舞台「喜劇 有頂天一座」に、渡辺えり演じる座長の弟子役で出演する。(撮影/写真部・岸本絢、ヘアメイク/笹浦洋子、スタイリング/松田綾子(オフィス・ドゥーエ))

キムラ緑子(きむら・みどりこ)/1961年、兵庫県淡路島生まれ。マキノノゾミ主宰の劇団M.O.P.を経て、舞台、映画、ドラマと幅広く活動。2013年度後期のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」での小姑役などで注目を集める。最近の出演作に、映画「関ケ原」、「祈りの幕が下りる時」(1月27日公開)、ドラマ「陸王」、舞台「喜劇 有頂天旅館」「三婆」「にんじん」など。2月1日から上演の舞台「喜劇 有頂天一座」に、渡辺えり演じる座長の弟子役で出演する。(撮影/写真部・岸本絢、ヘアメイク/笹浦洋子、スタイリング/松田綾子(オフィス・ドゥーエ))

 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で注目を集め、数々のドラマや舞台に出演する俳優のキムラ緑子さん。作家の林真理子さんが共演機会が多い俳優の渡辺えりさんとのエピソードを伺いました。

*  *  *
林:えりさんとキムラさんのお二人だったら、いろいろインスピレーションが湧いてきて、「新作をやりたい」と言う才能ある若手脚本家、いっぱいいるんじゃないですか。

キムラ:そうだとうれしいんですが、私、あまりそこまでイマジネーションを掻き立てるタイプじゃないみたい(笑)。例えば、先日もシアターコクーンで、「欲望という名の電車」という舞台を上演していましたが、大竹しのぶさんが演じていらしたブランチという役は、女優なら一度はやってみたいと思う役なんですね。でも、私には絶対来ないですもん。キムラにやらせてみたい、とイメージしていただけないみたい(笑)。

林:ブランチの妹役(ステラ)は誰がやったんですか。

キムラ:鈴木杏ちゃんでした。そうそう、えりさんは、ステラがやりたいんだそうです。思わず、「妹のほうですか?」って声をあげてしまいましたが。

林:アハハハ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい