AERA dot.

香取慎吾は「明るくなった。何も重圧がない」? “先生”が指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本朋史,工藤早春週刊朝日

橋田壽賀子(はしだ・すがこ)/1925年、韓国ソウル生まれ。脚本家として「おんな太閤記」「渡る世間は鬼ばかり」など、数々のヒット作を生み出す(撮影/門間新弥)

橋田壽賀子(はしだ・すがこ)/1925年、韓国ソウル生まれ。脚本家として「おんな太閤記」「渡る世間は鬼ばかり」など、数々のヒット作を生み出す(撮影/門間新弥)

香取慎吾(かとり・しんご)/1977年、神奈川県生まれ。88~2016年はスマップのメンバーとして歌手、俳優、司会など幅広く活躍。17年に新しい活動をスタートさせた(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

香取慎吾(かとり・しんご)/1977年、神奈川県生まれ。88~2016年はスマップのメンバーとして歌手、俳優、司会など幅広く活躍。17年に新しい活動をスタートさせた(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

対談する橋田壽賀子さん(左)と香取慎吾さん(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

対談する橋田壽賀子さん(左)と香取慎吾さん(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

橋田:私はいちばんいいタイミングだと思います。若い未完成な時ではなく、円熟の時だもの。香取さんなら何でもできる。絵を描いたっていいし、プロデューサーだって俳優だっていい。今までの人生を洗い直して、自分がやりたいことをやっていけばいい。今日、このことだけは言いたかった。

香取:「おじゃMAP!!」の収録の帰り際に橋田先生がぼくのことを褒めてくださった。絵のことも。

橋田:あなたの絵はすごい。あんな発想できない。シュールな絵。夢があるし愛敬がある。ぜひ絵は描き続けてください。

香取:そう言ってくださると本当にうれしい。ぼくの絵も飾ってくださっていて。

橋田:私の誕生日祝いにいただいた絵なんです。カーネーションに牛がとまっているの。色使いも明るいし見ているとほほ笑んじゃう。温かい気持ちにさせてくれる絵です。四十にして惑わずと言いますけど本当ですね。40歳になるまでは自分の良さがなかなかわからない。最高の時期に飛び立った、そう思いませんか?

香取:そう思います。

橋田:私はスマップの追っかけでしたが、北京に一緒に行った時は応援団長に祭り上げられた。中国の偉い人にも会わされて大変でした。

香取:あの時は橋田先生が来てくれて良かった。ぼくは後ろに隠れていました。

橋田:政治家の偉い人もいて私も後ろに隠れた(笑)。話は変わるけれど、あなたは10歳で事務所に入って、11歳でスマップに入られたけれど学校はどうしたの?

香取:小学校も中学も横浜にある公立学校でした。

橋田:学校に行ってらした?

香取:いやーほとんど。一応両立していると言わなければならないですけど、ほとんど行けませんでした。

橋田:それもつらかったと思います。

香取:仕事が楽しかったから、学校で嫌なことがあると仕事に。子どもなんで仕事で疲れると学校に行きたくなりました。

橋田:すでに有名人でしょう。普通の学校生活はおできになった?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加