“湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

2018/01/07 11:30

 2016年に週刊朝日本誌で連載されていた「週朝歌壇」から生まれた、歌人であり、細胞学者でもある永田和宏先生と知花くららさんによる短歌の入門書『あなたと短歌』(朝日新聞出版)。その刊行を記念して、みなさんから「恋」の歌を公募し、1回限りの誌上復活。知花さんと永田先生が選んだ句は? その一部を紹介する。

あわせて読みたい

  • 知花くららも納得!「つまらない短歌もよむ」ことの大切さ

    知花くららも納得!「つまらない短歌もよむ」ことの大切さ

    週刊朝日

    12/3

    知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    週刊朝日

    7/29

  • 息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕”

    息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕”

    週刊朝日

    7/3

    あえてルールを破る? 知花くららが短歌の「字余り」に驚愕! 

    あえてルールを破る? 知花くららが短歌の「字余り」に驚愕! 

    週刊朝日

    10/26

  • 「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    「どうかしている今日の私は」 知花くららと永田先生が選んだ“恋”の短歌

    週刊朝日

    1/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す