岩崎宏美がコロッケに教わった店を絶賛 目当ては「すっぽんの水炊き」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩崎宏美がコロッケに教わった店を絶賛 目当ては「すっぽんの水炊き」

このエントリーをはてなブックマークに追加
心・技・体 うるふ東京都港区虎ノ門3-21-5 愛宕グリーンヒルズプラザ2F/営業・17:30~24:00L.O.(土日祝~23:00L.O.)/休日・12月31日〜1月3日、ビル休館日(撮影/写真部・岸本絢)

心・技・体 うるふ
東京都港区虎ノ門3-21-5 愛宕グリーンヒルズプラザ2F/営業・17:30~24:00L.O.(土日祝~23:00L.O.)/休日・12月31日〜1月3日、ビル休館日(撮影/写真部・岸本絢)

すっぽん水炊き店名は元横綱千代の富士の愛称「ウルフ」にちなみ、氏が好んだという、ふぐとすっぽん料理を提供。熊本産の活すっぽんを、水、昆布、純米酒とともに3時間煮てとった出汁は、上質なコクがあってクセがない。出汁を含んだ野菜がうまさを倍増させる。2〜3人前、雑炊付き9800円(税込み)。すっぽんスープで味わう和牛ロースのしゃぶしゃぶもおすすめ(撮影/写真部・岸本絢)

すっぽん水炊き
店名は元横綱千代の富士の愛称「ウルフ」にちなみ、氏が好んだという、ふぐとすっぽん料理を提供。熊本産の活すっぽんを、水、昆布、純米酒とともに3時間煮てとった出汁は、上質なコクがあってクセがない。出汁を含んだ野菜がうまさを倍増させる。2〜3人前、雑炊付き9800円(税込み)。すっぽんスープで味わう和牛ロースのしゃぶしゃぶもおすすめ(撮影/写真部・岸本絢)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、歌手・岩崎宏美さんの「心・技・体 うるふ」の「すっぽん水炊き」だ。

【写真】岩崎宏美が絶賛する「すっぽん水炊き」はこちら

*  *  *
 実はこの店、最初は番組の収録で、ものまねタレントのコロッケさんに連れられていきました。すっぽんといえば、ちょっと高級なイメージですが、ここは比較的カジュアルに楽しめるのがいいところ。しかも広々とした和風な店構えで、リラックスできる。友人たちにも好評で、テニス仲間と大勢で鍋を囲んだこともあります。

 いまもコンサートツアーのまっ最中ですが、日頃から健康管理には気をつかいますね。すっぽんは、低カロリーで栄養価が高い。ぷるぷるのコラーゲンがお肌にもよさそう。ショウガ汁と一緒に味わえば、さっぱりといただけて、のどにも嬉しくいいことずくめ。

 しかもこの水炊きは、九条ネギやナスなどの野菜がすっぽんエキスをたっぷり含んでおいしさも倍増。締めに食べる雑炊も箸が止まりません。体もポカポカに温まり、寒い冬には最高のごちそうになります。

 2018年は年女。こんなヘルシーなお鍋を食べつつ、充実した一年にしたいですね。

(取材・文/今中るみこ)

「心・技・体 うるふ」東京都港区虎ノ門3‐21‐5愛宕グリーンヒルズプラザ2F/営業時間:17:30~24:00L.O.(土日祝~23:00L.O.)/定休日:12月31日~1月3日、ビル休館日。店名は元横綱千代の富士の愛称「ウルフ」にちなみ、氏が好んだという、ふぐとすっぽん料理を提供。熊本産の活すっぽんを、水、昆布、純米酒とともに3時間煮てとった出汁は、上質なコクがあってクセがない。出汁を含んだ野菜がうまさを倍増させる。2~3人前、雑炊付き9800円(税込み)。すっぽんスープで味わう和牛ロースのしゃぶしゃぶもおすすめ

週刊朝日  2018年1月5-12日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい