【岩合光昭】かわいい「クリスマス猫」 お出迎えがプレゼント? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【岩合光昭】かわいい「クリスマス猫」 お出迎えがプレゼント?

連載「今週の猫」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、大分・日田の「クリスマス猫(にゃん)」です。

【写真】今週の猫の写真はこちら

*  *  *
 江戸時代、天領(幕府直轄領)として栄えた日田山中の家屋に、かわいい猫がいると聞き山道を登る。斜面に何か動くものが見えたので道端に車を停めると、冬毛でまるまるとした黄白の猫が、近づいてきて足にすり寄った。初対面なのにフレンドリーで嬉しくなる。

 そのとき、奥の家屋から若夫婦が出てきて「あら、先に挨拶していたのね」と笑った。どうやらこの猫は僕を迎えに来てくれたらしい。季節柄、温かなクリスマスプレゼントをもらったように思えて笑みがもれた。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2018年1月5-12日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

岩合光昭

岩合光昭(いわごう・みつあき)/1950年生まれ。動物写真家。1980年雑誌「アサヒグラフ」での連載「海からの手紙」で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。1982~84年アフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在。このとき撮影した写真集『おきて』が全世界でベストセラーに。1986年ライオンの親子の写真が、米「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙に。94年、スノーモンキーの写真で、日本人として唯一、2度目の表紙を飾る。2012年NHK BSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」のオンエア開始。著書に『日本のねこみち』『世界のねこみち』『岩合光昭写真集 猫にまた旅』『ふるさとのねこ』『ネコを撮る』『ネコへの恋文』など多数。2019年2月22日から、初監督作品となる映画「ねことじいちゃん」公開中。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい