『陸王』で社長役で登場する松岡修造、予想外の演技力とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『陸王』で社長役で登場する松岡修造、予想外の演技力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#ドラマ
『陸王』に出演する松岡修造。ドラマの演技でもハッスルぶりを見せるか (c)朝日新聞社

『陸王』に出演する松岡修造。ドラマの演技でもハッスルぶりを見せるか (c)朝日新聞社

 TBS系の人気ドラマ、日曜劇場「陸王」の12月10日放送分で、元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(50)が登場する。陸王を開発した足袋会社「こはぜ屋」に対し、買収を画策する「フェリックス」社の御園社長を演じる。

【写真】「陸王」出演中!竹内涼真の可愛すぎる笑顔

 3日の第7話の最後に放送された予告編では、役所広司演じる宮沢の会社こはぜ屋に対し、松岡演じる御園が買収に動こうとするシーンが放映された。松岡がスーツ姿でキャリーケースを持って闊歩する姿が映り、波乱の展開を予想させた。

 松岡はバラエティー番組やニュース番組のスポーツコーナーで、熱い男のキャラとして知られる。ドラマ評論家の成馬零一さんは、予告編での松岡の出演についてこう話す。

「かっこよかったですね。演技とは別の世界で戦ってきた、一流の大人の説得力を感じました。元気さを前面に出した普段のキャラではなく、いい意味で裏切られました。体が大きいのでスーツも似合いますし、存在感がある松岡さんは社長役にぴったりでは。“素人”ゆえの生々しい、むきだしの演技が見たいですね」

 日曜劇場は、銀行員の世界を描いた「半沢直樹」を筆頭に、硬派な人間ドラマを見せる人気枠。陸王を含め、池井戸潤さん原作のドラマは、特に期待が高い。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい