高橋一生に迫られたブルゾンちえみが大照れしながらも断った理由とは?  (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋一生に迫られたブルゾンちえみが大照れしながらも断った理由とは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
「Yahoo!検索大賞2017」を受賞したブルゾンちえみ(撮影/大塚淳史)

「Yahoo!検索大賞2017」を受賞したブルゾンちえみ(撮影/大塚淳史)

「育ててくれないんですか?」と高橋一生から迫られ、大照れのブルゾンちえみ(撮影/大塚淳史)

「育ててくれないんですか?」と高橋一生から迫られ、大照れのブルゾンちえみ(撮影/大塚淳史)

 来年の目標について聞かれると、「格好いい女性になっていきたい」と話し、さらに「with Bとか男をこういう風に動かしたらすごく女子に人気がでる、と考えるのが好きなんですよ」と謎のプロデュース願望をみせた。

  しかし、発表会後の囲み会見で記者から「(隣に立つ)高橋一生さんは育てるのはどう?」と問われると「高橋さんはもう育っています。もう高橋さんを育てる権利もないです」と答えた。

 高橋から「育ててくれないんですか?」と問いかけらると、恐縮し、しどろもどろに。

「高橋さんはもう十分カッコ良いので、未完成の男のたちを育てたいです……。(候補は?)いません。日本人の男の子を6人くらい育てたい…」と大照れだった。

 最後は、「この話しはやめましょう。育てられたい男の子が6人くらいいれば、育てます。なんの話で終わっとんのやろ〜」と頭を抱えながら、会見場を出ていった。

 来年、ブルゾンちえみプロデュースの「with B」新バージョンが注目されているかもしれない。(本誌・大塚淳史)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい