“健康おせち”が人気 塩分・糖分控えめで満足できる工夫とは?

2017/11/30 07:00

 正月の食卓を彩るおせち料理。縁起がよいのはいいのだが、数の子やかまぼこは塩分、栗きんとんや黒豆、だて巻きは糖分が多く含まれ、体をいたわる人たちには、大げさだが「酷な料理」。とはいえ、箸を運ばないのも気が引ける。「賢い」食べ方で、一年のスタートを迎えましょう。

あわせて読みたい

  • “健康おせち”自宅で作るコツは「下ごしらえ作り置き」

    “健康おせち”自宅で作るコツは「下ごしらえ作り置き」

    週刊朝日

    11/30

    ダイエット中でもOK! 美人女医が教える“太りにくいおせち食材”ベスト3

    ダイエット中でもOK! 美人女医が教える“太りにくいおせち食材”ベスト3

    dot.

    12/31

  • たった2時間でおせちができる! “電子レンジレシピの神様”の裏ワザを大公開

    たった2時間でおせちができる! “電子レンジレシピの神様”の裏ワザを大公開

    dot.

    12/30

    健康より“飽きない”うま味? 日本人が過剰に「塩分をとる」理由

    健康より“飽きない”うま味? 日本人が過剰に「塩分をとる」理由

    週刊朝日

    10/12

  • 【家つまみ】おせちで余った黒豆を…低カロリー「豆乳ぜんざい」

    【家つまみ】おせちで余った黒豆を…低カロリー「豆乳ぜんざい」

    週刊朝日

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す