自宅で最期を迎えるための「移住」という選択 メリットは?

おひとりさま

2017/11/15 07:00

 最期を自宅で迎えたいという願いが叶っているのはわずか10%のみ。老化は、65~74歳の健康な「第1段階」、できないことが増える75~84歳の「第2段階」、最低限必要な食事や排泄などができなくなる「第3段階」に分かれる。自宅で死ぬためには第2段階でとどめる覚悟と「人付き合い」「家事」「運動」の三つの習慣を徹底することが大切だ。それを実践するためには、準備も必要。住生活コンサルタントの大久保恭子が調べた。

あわせて読みたい

  • 「最期まで自宅でひとり」貫くためにするべき“三つの習慣”

    「最期まで自宅でひとり」貫くためにするべき“三つの習慣”

    週刊朝日

    11/15

    最後は自宅を“売る”が正解! 売却の「達人」になる十箇条

    最後は自宅を“売る”が正解! 売却の「達人」になる十箇条

    週刊朝日

    3/22

  • 最期は「自宅」or「ホーム」問題を今から考えておく!

    最期は「自宅」or「ホーム」問題を今から考えておく!

    週刊朝日

    11/17

    ゴミ屋敷を防げ! 老化に負けない家事術の5カ条

    ゴミ屋敷を防げ! 老化に負けない家事術の5カ条

    週刊朝日

    10/26

  • 都市を「老後を生きる場」に変える「新しい地縁」の作り方

    都市を「老後を生きる場」に変える「新しい地縁」の作り方

    AERA

    8/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す