出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
モロ師岡(もろ・もろおか)(右)/1959年、千葉県生まれ。専修大学在学中からアマチュア劇団に所属。六本木のショーパブ立ち上げやストリップ劇場でのコントで活動。90年ごろからテレビに出演しはじめ、96年、映画「キッズ・リターン」(北野武監督)に出演。東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。以後、多くのドラマ、CM、映画で活躍。2018年1月2、3日、東京・下北沢の「劇」小劇場で「新春恒例初笑い演芸会」を開催。楠美津香(くすのき・みつか)(左)/1962年、東京都生まれ。横浜放送映画専門学院卒。コントグループ「ピックルス」「ふらみんご」、放送作家、ラジオDJを経て、実験的一人コント「東京美人百景」を連続公演。2000 年からは一人芝居「ひとりシェイクスピアの会」を定期公演。17年12月2日、東京・浅草リトルシアターで「超訳トロイラスとクレシダ」を公演。18年1月7日、横浜市大倉山記念館で「落語とコントの独演会」に出演。(撮影/写真部・大野洋介)

モロ師岡(もろ・もろおか)(右)/1959年、千葉県生まれ。専修大学在学中からアマチュア劇団に所属。六本木のショーパブ立ち上げやストリップ劇場でのコントで活動。90年ごろからテレビに出演しはじめ、96年、映画「キッズ・リターン」(北野武監督)に出演。東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。以後、多くのドラマ、CM、映画で活躍。2018年1月2、3日、東京・下北沢の「劇」小劇場で「新春恒例初笑い演芸会」を開催。
楠美津香(くすのき・みつか)(左)/1962年、東京都生まれ。横浜放送映画専門学院卒。コントグループ「ピックルス」「ふらみんご」、放送作家、ラジオDJを経て、実験的一人コント「東京美人百景」を連続公演。2000 年からは一人芝居「ひとりシェイクスピアの会」を定期公演。17年12月2日、東京・浅草リトルシアターで「超訳トロイラスとクレシダ」を公演。18年1月7日、横浜市大倉山記念館で「落語とコントの独演会」に出演。(撮影/写真部・大野洋介)

夫:もう後には引けず。

妻:つらかったですよ。とにかくニコニコ、いつも陽気でいなきゃいけなくて。

夫:当時は漫才ブームのほんの少し前。コントっていうのはわかりやすくズッコケたりするのが主流でしたからね。それには僕も抵抗あったなあ。

妻:今みたいにお笑いライブなんてないですからね。練習の場もなくて。

夫:それでストリップ劇場に出る仲間はいっぱいいました。僕は新宿、彼女は渋谷の一派だった。

妻:女の子が漫才をやっても、そのうち脱ぐと思ってるから、誰も笑わないの(笑)。

夫:コントになると、お客さんはタバコ吸いにロビーへ出ちゃうし。

妻:モロさんはコンビじゃなくて一人芸だったんだけど、面白い人がいるなあと。

夫:そう?

妻:暗かったんですよ。なんて言うか、社会でやっていけなさそうな人(笑)。

夫:それ! よく昔、まわりから言われたんですよ。なんでだろうなあ。普通のつもりなのに……。

妻:それにしても朝から晩まで劇場にいたね。ストリップは年中無休だし。

夫:ショーは昼からなんだけど、10時に入って掃除。出番が終わっても帰れないんです。いつ用事を言いつかるかわからないからって。

妻:ちょっとした軟禁状態ですよ。

夫:夜10時で舞台が終わって、今度は片づけ。あんまり家に帰れないから、アパート引き払って楽屋で寝泊まりしてました。

妻:ギャラは安かったけど、外へ出ないからお金を使う機会もなかった。

夫:ワンステージ500円で1日4ステージぐらい。それに食事代が500円。月に7万5千円ぐらいなんですけど、ご飯もお酒も先輩がおごってくれるし。

妻:あのころのほうが、いい服着てた気がする(笑)。(聞き手・浅野裕見子)

※「『憎しみはいつか、愛に裏返る』妻の“名言”にモロ師岡困る!?」につづく

週刊朝日  2017年11月17日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい