TBS「陸王」好スタート 阿川佐和子の“意外な”女優力 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

TBS「陸王」好スタート 阿川佐和子の“意外な”女優力

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

TBS「陸王」好スタート 阿川佐和子の“意外な”女優力

TBS「陸王」好スタート 阿川佐和子の“意外な”女優力

 今月始まったTBSドラマ「陸王」は、第1話の視聴率が14.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切った。原作は人気作家の池井戸潤。安定した視聴率が続きそうだが、連ドラの初レギュラー出演となる作家でエッセイストの阿川佐和子の好演も話題だ。

【写真】「陸王」出演中!竹内涼真の可愛すぎる笑顔

 老舗足袋店「こはぜ屋」の縫製課リーダー、正岡あけみを演じる。課員の女性を引っ張り、鍵となる「マラソン足袋」の開発に大きく関わる存在。第1話の「絶対間に合わせるよ!」と従業員たちを大声で鼓舞する場面も印象的だった。

 今回の出演について、「まさに青天のへきれき」とコメントしていた阿川。今の心境を尋ねると、「演技は初めてではないけれど、素人なので自然体でいいのかなと思っていました。すると、監督に、『自然体じゃダメ。大きな声でハッキリと』と言われました」という。

「大きな声でハッキリと」の演技をするために思い浮かんだのが、趣味のゴルフのプレー。「ボールがとんでもないところに飛んだとき、キャディーさんと一緒に『ファーーー!』と言うんですが、本当におなかから大声を出さないといけない。そうか、その気持ちでやればいいのかと」

 第1話でみせた「絶対間に合わせるよ!」のセリフの説得力は、ゴルフ場で培われたのかもしれない。

「今回の役どころは、そんな声を出す元気なおばちゃん。それを忘れないよう、ずっと大きな声でやるようにしています。ドラマの現場以外でも大きな声が出てしまい、あけみの癖がついていてびっくりです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい