「大学倒産」の危機は地方から そんな時代に“輝く大学”を選ぶ方法 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「大学倒産」の危機は地方から そんな時代に“輝く大学”を選ぶ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日
大学の入学者数(国公私立計)の将来予測(週刊朝日 2017年10月27日号より)

大学の入学者数(国公私立計)の将来予測(週刊朝日 2017年10月27日号より)

私立大学法人の寄付額(2014年)(週刊朝日 2017年10月27日号より)

私立大学法人の寄付額(2014年)(週刊朝日 2017年10月27日号より)

 学生の人気をみるには、大学の志願者数も参考になる指標。一方で、入試方式の違いで数字は大きく変わるため、注意が必要だ。

 私大によっては、1日分の受験料(例えば3万円)を払えば、試験日が同じ複数の学科をすべて併願できる。今はネット出願が増えており、クリック一つで簡単に志願先を増やせる。こうした仕組みで、ある首都圏の私大は、受験生1人が平均6~7学科を併願しており、志願者数も膨らむ。

 大学選びについて、木村氏はこうアドバイスする。

「これまで以上に、大学の運営実態や情報公開の姿勢を見極める必要があります。例えば、同族でずさんな経営をしていないか、財務状況は問題ないか、中退率は高くないか。この点では、受験生本人だけでなく、保護者のサポートも大切です。大学ポートレートに未参加の大学も一部ありますが、情報公開の姿勢でみると、論外と言えます」

 まもなく入試シーズンが本格化する。本当に行きたい大学か、行く価値のある大学か。大学全入時代は、“大倒産時代”にもなることを意識したい。(本誌・吉崎洋夫)

週刊朝日 2017年10月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい