佐藤優氏が指摘する 安倍首相は前原民進の公約パクリ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤優氏が指摘する 安倍首相は前原民進の公約パクリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
28日召集の臨時国会冒頭での衆院解散を正式表明する安倍晋三首相=25日午後6時10分、首相官邸、代表撮影

28日召集の臨時国会冒頭での衆院解散を正式表明する安倍晋三首相=25日午後6時10分、首相官邸、代表撮影

 安倍自民党が次期衆院選でとんでもない公約を掲げようとしている。2019年秋に予定されている消費税2%引き上げで増えた税収を、教育無償化や、高齢者中心の社会保障を低所得者や若年層に向けるというのだ。だが、このアイデアは民進党の前原誠司代表が9月の代表選で掲げた政策とほぼ同じ。つまり、野党の政策を“パクった”のだ。作家・佐藤優氏がずばり問題点を指摘する。

 今の安倍政権と自民党はきわめて不真面目です。党内で民主的な議論がなされているとは思えません。

 安倍首相の公約案は悪いものではありません。格差是正に財源を投じることが、経済成長につながるというデータもあります。

 しかし、公約案を実現するには、激しい反発は必至です。財政規律を守りたい財務省はもちろん、党内の国会議員も抵抗するでしょう。安倍さんは、公約案を実現できないと私は思う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい