丸山茂樹プロデュースの「地クラブ」 ふるさと納税返礼品に (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹プロデュースの「地クラブ」 ふるさと納税返礼品に

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。

丸山茂樹氏が製作に携わった「地クラブ」とは?(※写真はイメージ)

丸山茂樹氏が製作に携わった「地クラブ」とは?(※写真はイメージ)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、日本大学ゴルフ部の先輩の娘が見せた活躍、そして自身が製作に携わったゴルフクラブなどについて語った。

*  *  *
 いやあ、待ちに待った優勝ですね。川岸先輩、うれしかっただろうなあ。日大ゴルフ部の先輩である川岸良兼さん(50)の次女、史果ちゃん(22)がツアー初優勝を飾りました。

「マンシングウェアレディース東海クラシック」(9月15〜17日、愛知・新南愛知CC美浜コース)です。最終日はトップと2打差の7位で出て、8バーディー、ノーボギー。堂々たる逆転優勝でした。去年4度目でプロテストに合格して、デビューするなり何度も優勝争いに絡んできましたけど、最後の最後で手が届かないでいました。時間の問題だったとはいえ、そのままずっと勝てない人もいますからね。やっぱり勝ちきることが大事ですよね。来シーズンはアメリカで、という希望を持ってるみたいですから、頑張ってほしいです。

 男子では杉原輝雄さん(28勝)と長男の敏一さん(1勝)の親子優勝がありますけど、男女をまたぐ形では川岸親子が初めてだそうですね。日本でもアメリカでも、息子や娘も活躍してるって話はあんまり聞かないですもんね。親子2代でってのは難しいですよ。それだけに川岸先輩がうらやましいです。

 男子では「ANAオープン」(9月14~17日、北海道・札幌GC輪厚=わっつコース)で池田勇太(31)が今シーズン2勝目を挙げました。通算では18勝目。どうしちゃったんだろう、この勢いは。プレーオフでスーパーショットを連発して、時松隆光(りゅうこう)(24)と今平周吾(24)の若手に勝ちました。なんでこのプレーが海外でできないのかと、不思議になっちゃいます。

 この試合の優勝賞金2200万円を加えて、勇太は生涯獲得賞金が10億円を超えたそうです。史上最年少での突破だとニュースになってますけど、これはどうかと僕は思いますよ。昔の先輩方のころとは賞金額が全然違うじゃないですか。米PGAツアーなんか、1年で10億円いっちゃう人だっている時代ですからね。勝利数は昔もいまも同じ価値があって比べる意味もあると思いますけど、獲得賞金を比べるのは違うなあ、と思いますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい