“オイル美容”ブームの兆し 美の達人たち「絶賛」の魅力とは? (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“オイル美容”ブームの兆し 美の達人たち「絶賛」の魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#美容

インターブレイン提供

インターブレイン提供

美容オイル「LA NUIT DOUCE」。バカンスのためのオイルで、機内やホテルでの乾燥から肌を守って疲れた肌を回復するためのマルチブレンド(インターブレイン提供)

美容オイル「LA NUIT DOUCE」。バカンスのためのオイルで、機内やホテルでの乾燥から肌を守って疲れた肌を回復するためのマルチブレンド(インターブレイン提供)

 美の達人たちが最終的にたどり着くのが、オイル美容という。肌が酸化すればシミやしわの原因となり、体が“サビれば”万病を引き起こす。美しく健康でいるために、今日からでも遅くない。オイル美容を始めてみませんか。

【美の達人たちが愛用!バカンスのための美容オイルはこちら】

 20代のころからヨーロッパと日本を行き来していた美容家の日下部知世子さん(59)は、今から35年前、乾燥した気候なのに、フランスのマダムたちの肌が、オイル美容だけで輝いているのを見て驚いた。シャワー後に、顔から全身にオイルをパシャパシャ。たったそれだけしかしていないのに、美しかった。

「そこで私も30歳を機に、美容法を『オイル一本』に変えました」

 マカデミアナッツオイル、アプリコットオイル、ホホバオイル、ローズヒップオイルなどあらゆるオイルを試した。シャンプー後、生乾きの状態で一滴毛先につけてからドライヤーをかける。すると、

「髪がつるんとします」

 リンスなど必要ないという。

 入浴後にはひじなど乾燥が気になる部位を中心に、全身に椿オイルなどを塗る。オイルに、レモンやマンダリンのアロマオイル(精油)を混ぜることもある。これらの精油には、肌を柔軟にする力があるので、オイルと精油に含まれる成分が浸透し肌がしっとり滑らかになるという。

 首を見て驚いた。年齢が顕著に表れる「首」に縦じわが全然ないのだ。

 紫外線ケアでも、オイルを愛用する。アプリコットオイルとプルーンオイルを塗って、その上に薄くパウダーを当てるだけという。「日焼け止めなんて、使ったことないわ」
 もうすぐ還暦なのに、肌はもちもちとシミ一つない。

 日本ではこれまで、オイルが肌に良いことがあまり知られてこなかった。日本でオイルといえば、「サンタンオイル」(日焼け用オイル)のイメージが強く、「オイル=日焼け」との固定観念から、「肌に悪い」と敬遠してきた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   美容 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加