最後の試合でみせた「宮里藍」プロの流儀

2017/09/18 16:30

 今季限りで引退するプロゴルファー宮里藍(32)が、フランスで開かれる今シーズンの海外女子メジャー最終戦、「エビアン選手権」に臨んだ。最終日(17日)を2バーディ、4ボギーの「73」で終え、32位。最後のパーパットを沈めると、宮里は「お疲れさま、と(自分に)声を掛けてあげられたら」と涙ながらに語った。

あわせて読みたい

  • “引退表明”宮里藍が愛される本当の理由

    “引退表明”宮里藍が愛される本当の理由

    dot.

    6/12

    宮里藍引退の引き金は「パット不調で陥ったトラウマ」 プロゴルファー・村口史子

    宮里藍引退の引き金は「パット不調で陥ったトラウマ」 プロゴルファー・村口史子

    週刊朝日

    5/29

  • 渋野日向子ら「黄金世代」が躍進…若手の台頭が生み出す“悩ましい課題”

    渋野日向子ら「黄金世代」が躍進…若手の台頭が生み出す“悩ましい課題”

    dot.

    9/24

    女子ゴルフは“接待”教育で躍進した? 賞金総額も史上最高更新中

    女子ゴルフは“接待”教育で躍進した? 賞金総額も史上最高更新中

    週刊朝日

    10/19

  • 新世代が続々と台頭するワケ 昔と大きく変わった女子プロゴルファーの“なり方”

    新世代が続々と台頭するワケ 昔と大きく変わった女子プロゴルファーの“なり方”

    dot.

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す