結婚前に実家で同居?! 横森理香夫婦の不思議ななれそめ

2017/09/05 11:30

 作家・エッセイストの横森理香の小説『ぼぎちん バブル純愛物語』は、日本のバブル時代を描いた数少ない優れた作品として評価を得た。2歳年下の増田勝行とは約10年間一緒に暮らした末に結婚。一人娘を授かり、バブル期の狂乱とはほど遠い健やかな夫婦生活を送ってきた。

あわせて読みたい

  • 夫婦は気が合わなくて当然 横森理香夫妻が続く意外な理由

    夫婦は気が合わなくて当然 横森理香夫妻が続く意外な理由

    週刊朝日

    9/5

    川田龍平 堤未果と結婚して起こった変化とは?

    川田龍平 堤未果と結婚して起こった変化とは?

    週刊朝日

    10/10

  • まるでギャグ漫画! 伊藤理佐が吉田戦車に放った“戦略的”口説き文句

    まるでギャグ漫画! 伊藤理佐が吉田戦車に放った“戦略的”口説き文句

    週刊朝日

    7/10

    増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    増田明美の名解説の裏に夫あり! 「僕は地中から支えてます」

    週刊朝日

    2/18

  • 初対面の義父を呼び捨て! 岩崎宏美が見せた下町パワー

    初対面の義父を呼び捨て! 岩崎宏美が見せた下町パワー

    週刊朝日

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す