中2なのに! 丸山茂樹が注目「末恐ろしい」選手とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中2なのに! 丸山茂樹が注目「末恐ろしい」選手とは?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林君にはスケールの大きな選手になってほしい!

小林君にはスケールの大きな選手になってほしい!

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、将来性を感じる少年プレーヤーについて語る。

*  *  *
 おかげさまで「第14回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」(8月21日、千葉・平川CC)も無事に終えることができました。

 今回びっくりしたのが中学・高校生男子の部で優勝した中学2年の小林大河君(14)です。7バーディー、1ボギーの66で回っちゃうんですから。ラウンドしたあとにパターを教えてくださいって来たので、少しレッスンしました。

 そしたらパッティングはまだまだ雑で、球がそろってなかった。それじゃ将来的に通じないって話をしました。それでも66で回ってるんですから、末恐ろしいです。小林君はプロツアー「フジサンケイクラシック」(8月31日~9月3日、山梨・富士桜CC)のマンデートーナメント(主催者推薦選考会)の出場権を獲得しました。全力で本戦出場権ゲットに挑戦してほしいです。

 4年目を迎えた国内男子のツアー外競技「ネスレマッチプレーレクサス杯」(8月17~20日、北海道・恵庭CC)に、今年もアンバサダーとして参加してきました。今年は往年の名プレーヤーであるトム・ワトソン(67)もグローバルアンバサダーとして参加され、出場した32選手に向けて約1時間の講演をされました。なんといってもワトソンですから、選手たちも喜んでましたね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい