世界陸上で史上初の快挙 日本男子「リレー金」の現実味

2017/08/09 11:30

 8月4日(日本時間5日未明)、ロンドンで開幕した世界陸上。大会初日の男子100メートル予選では、世界陸上で史上最多11個の金メダルを獲得、五輪では2008年北京大会から100メートルと200メートルを3連覇し、今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストランに注目が集まったが(個人種目は100メートルのみのエントリー)、日本勢の先陣を切って登場したサニブラウン・アブデルハキーム(東京陸協)、多田修平(関西学院大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人も全員が準決勝進出を決めるなど高いポテンシャルを示した。

あわせて読みたい

  • 東京の陸上100メートルで「ファイナリスト」狙える3人

    東京の陸上100メートルで「ファイナリスト」狙える3人

    AERA

    8/24

    サニブラウンに期待高まる日本人初の9秒台 「最初の3、4歩が以前より早く出せている」

    サニブラウンに期待高まる日本人初の9秒台 「最初の3、4歩が以前より早く出せている」

    AERA

    7/11

  • 課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    AERA

    9/27

    100メートル日本新のサニブラウン 速さの秘密は大きなストライド

    100メートル日本新のサニブラウン 速さの秘密は大きなストライド

    週刊朝日

    6/19

  • 100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    週刊朝日

    8/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す