篠井英介「女形の僕には先がない」切羽詰まった気持ちで挑む理由

2017/08/01 11:30

「僕が、演劇って素晴らしいなぁと思うのは、舞台設定に応じて、演者は国籍も、性別も、時代も、年齢も超えられるところなんです。ときには、『僕は椅子です』というように、無機質なものになることだってできる。そうやって人間だけが持つ“想像の力”をフルに発揮できるのが、演劇の醍醐味であると思いますね」

あわせて読みたい

  • 朝ドラ「まれ」 土屋太鳳・常盤貴子の能登弁を地元はどう見てる? 

    朝ドラ「まれ」 土屋太鳳・常盤貴子の能登弁を地元はどう見てる? 

    dot.

    4/13

    35すぎて成功した女は才能かおっぱい? 木皿ドラマから学ぶ「幸せ」

    35すぎて成功した女は才能かおっぱい? 木皿ドラマから学ぶ「幸せ」

    週刊朝日

    1/15

  • 鈴木亮平 NHK大河ドラマは「“芝居”を超えた体験」その理由

    鈴木亮平 NHK大河ドラマは「“芝居”を超えた体験」その理由

    週刊朝日

    8/24

    若さとのぶつかり合いに、静かにたぎる胸の内

    若さとのぶつかり合いに、静かにたぎる胸の内

    9/29

  • 俳優・升毅、監督から「やりすぎです」と言われ…自分の“欲”に気づく

    俳優・升毅、監督から「やりすぎです」と言われ…自分の“欲”に気づく

    週刊朝日

    4/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す