AERA dot.

宮里藍が最後の全米で41位…丸山茂樹が「そんなに簡単じゃない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

真ん中が須藤君です。よっ、世界一!

真ん中が須藤君です。よっ、世界一!

 小学生男子の快挙、宮里藍(32)の最後の全米女子オープンなど様々な出来事があった近頃の日本ゴルフ界。丸山茂樹氏はこういう。

*  *  *
 アメリカのカリフォルニア州であった「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」6歳以下男子の部で、須藤樹(いつき)君が優勝しました!

 須藤君は5月の「丸山茂樹ジュニアファンデーション親子ショートコースゴルフ大会inハイランドセンター」に参加してくれて、小学1年生の部で優勝してたんです。そのときに見て「上手だなあ~」と思ったのをよく覚えてますよ。

 過去にも金田久美子ちゃん(27)が8歳のときに10歳以下女子の部で勝って、タイガー・ウッズ(41)に並ぶ記録と騒がれたように、小学生の年代は日本の子たちが結構優勝してるんですよね。

 須藤君が世界一になったのは、そりゃもううれしいですね。彼みたいな子がマルジュニアに参加してくれて、ほんとありがたいですよ。マルジュニアで一緒にプレーした子たちにも、「あのとき一緒に回った須藤君だ」ってことで、すごく刺激になるでしょうからね。

 さて「全米女子オープン」(7月13~16日、米ニュージャージー州ベッドミンスターのトランプナショナルGC)に出場した宮里藍ちゃんは、しっかり予選を突破して通算4オーバーの41位でした。

 今シーズン限りでの引退を表明してますから、これが最後の全米女子オープンになります。藍ちゃんは中学校のときに、この試合で勝つという目標を立てて、いままでゴルフを続けてきたんですよね。11回挑戦して優勝には届きませんでしたけど、米女子ツアーで9勝してますからね。これはもう、メジャーに勝つのとそんなに変わらないものを手にしてきてると思いますよ。

 最後に優勝できりゃ最高にドラマチックですけど、そんなに簡単じゃない。それは藍ちゃんが一番よく知ってるでしょう。残りの試合も結果うんぬんじゃなく、藍ちゃんらしく戦い抜いてほしいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   丸山茂樹 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加