浅田美代子「本当の友達が見つかるのは、大人になってから」

2017/07/24 11:30

 浅田美代子さんが最初に出演したドラマには、本番前にリハーサルではなく“稽古”があった。1970年代に大人気だったドラマ「時間ですよ」。向田邦子さんが書いた脚本を、久世光彦さんが演出し、ベテランから若手まで、錚々たる役者が出演していた。台本だけでも十分面白いのに、稽古を通すことで、話がさらに面白くなっていく。「当時のドラマは、半年続くのが普通で、収録中は、家族より一緒にいる時間が長かった。だから、この世界に入ってすぐ『お芝居っていいなぁ』って思ったし、これからも続けていきたい気持ちも生まれていたんです。それが、思いもかけないところでドラマの挿入歌が売れちゃって……(苦笑)。歌番組に行くと、同世代は多いんだけど、ドラマの現場のようなアットホームな感じとは程遠くて、『なんだか、あんまり好きじゃないな、ここ』って(笑)」

あわせて読みたい

  • 浅田美代子演じる「24歳サバ読み女性」 樹木希林唯一の企画映画、公開中

    浅田美代子演じる「24歳サバ読み女性」 樹木希林唯一の企画映画、公開中

    AERA

    6/15

    浅田美代子「毒の部分も好きでした」 樹木希林さんの“置き土産”とは?

    浅田美代子「毒の部分も好きでした」 樹木希林さんの“置き土産”とは?

    週刊朝日

    6/8

  • 浅田美代子御用達 白金のランドマークになった“チョコ専門店”
    筆者の顔写真

    山田美保子

    浅田美代子御用達 白金のランドマークになった“チョコ専門店”

    週刊朝日

    6/23

    西城秀樹さん一周忌 「寺内貫太郎一家」が明かす“芸能人らしくない”素顔

    西城秀樹さん一周忌 「寺内貫太郎一家」が明かす“芸能人らしくない”素顔

    週刊朝日

    5/23

  • 大河ドラマ「西郷どん」降板…斉藤由貴の“代役候補”にあがる女優の名前

    大河ドラマ「西郷どん」降板…斉藤由貴の“代役候補”にあがる女優の名前

    dot.

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す