IT機器も活用! 脳卒中の後遺症「タイプ別」リハビリ

病気

2017/07/17 07:00

 脳卒中後には後遺症として、言葉が不自由になる言語障害や、食べることが難しくなる嚥下障害が起こることがある。嚥下(えんげ)障害は、高齢者に多い誤嚥性肺炎の原因だ。IT機器を活用する訓練や新しい栄養補給法が登場している。

あわせて読みたい

  • 小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリル

    小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリル

    dot.

    1/19

    年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    dot.

    12/28

  • 脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    dot.

    7/9

    西城秀樹を苦しめた脳梗塞 リハビリ改善は病院間の格差も

    西城秀樹を苦しめた脳梗塞 リハビリ改善は病院間の格差も

    週刊朝日

    5/17

  • もしあなたの家族が「脳卒中」になったら? 障害年金の受給申請など賢い対処法

    もしあなたの家族が「脳卒中」になったら? 障害年金の受給申請など賢い対処法

    週刊朝日

    12/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す