岸信介、田中角栄も通った…名門美術館の“お家騒動”

2017/06/01 07:00

 一枚の古びたモノクロ写真がある。中国の美術品をのぞき込んでいるのは、岸信介元首相。いまや「一強」と言われて強権を振るう安倍晋三首相が敬愛する祖父だ。写真は1969年3月、三重県四日市市にある澄懐堂美術館の収蔵庫(澄懐堂文庫、63年建設)で撮られた。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「モリカケはぐらかす安倍首相に自民党は異議を唱えよ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「モリカケはぐらかす安倍首相に自民党は異議を唱えよ」

    週刊朝日

    6/6

    「話し合うような雰囲気は…」安倍3代を知る財界人と「国策研究会」

    「話し合うような雰囲気は…」安倍3代を知る財界人と「国策研究会」

    週刊朝日

    12/21

  • ボストン美術館が「紙の束」から発掘したジャクリーンからの手紙

    ボストン美術館が「紙の束」から発掘したジャクリーンからの手紙

    AERA

    9/28

    財界の知られざる右派人脈、保守系団体に属する企業首脳の実名

    財界の知られざる右派人脈、保守系団体に属する企業首脳の実名

    ダイヤモンド・オンライン

    11/13

  • 横浜美術館開館は今年30周年!「美術でつなぐ人とみらい」

    横浜美術館開館は今年30周年!「美術でつなぐ人とみらい」

    tenki.jp

    4/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す